京都古書研究会の行事予定
2021年日程
2月12日〜14日 古書会館de古本まつり  開催中止
5月1日〜5日 春の古書大即売会 都メッセ
8月11日〜16日 下鴨納涼古本まつり  下鴨神社糺の森
10月30日〜11月3日 秋の古本まつり 百万遍知恩寺
新形コロナウイルスの影響は現在もなお、予断を許さない状況ですが、
来年度も感染症対策を実施の上開催する予定です。
  
参加店一同準備して皆様をお待ちしております。
京都古書研究会・会員名簿 住所・電話・FAX
問い合わせは、
京都古書研究会代表 津田書店 津田まで
または 当サイトに関するお問い合わせは
管理者 京都スターブックス 増田 まで
 

 

2019年08月30日

児童図書寄贈・その後3

image1.jpeg
寄贈させていただきました、児童図書につきまして、引き続きご紹介させていただきます。

洛和イリオス保育園様より、児童図書寄贈本の活用についてお知らせいただきました。

(洛和イリオス保育園様)からのメッセージです。
寄贈図書は園内において子供たちを夢中にさせているようです。今後も児童図書寄贈の活動は継続していきたいと思います。また、ご来場いただけますと幸いです。

 *************************************

京都古書研究会では

発足当時よりの「子供の頃から本好きに」という願いをこめて、

児童本コーナーを設けております。

昨今、子供の活字離れと言われております。

子供の頃から本に親しんでいただきたいと思っており、

その活動の一環として行っております。

さて、「秋の古本まつり」」では、恒例のチャリティーオークションが行われます。

当会では、ここでの売り上げを児童図書購入資金寄贈に充てております。

皆様の御協力をお願い致します。

posted by 京都古書研究会 at 17:11| 京都 ☔| 児童図書購入基金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

児童図書寄贈その後・2

image1.jpeg
寄贈させていただきました、児童図書につきまして、引き続きご紹介させていただきます。


(聖護院保育園 様)からのメッセージです。

『みんなのさわってるザリガニさんといっしょだね...』

『これは怒ってるポーズやって!』

『こんなかわいいおめめある?』

保育園で飼育している動植物、いただいた図鑑と見比べながら、さらにじっくり観察しています。学びの芽がぐんぐん育っています。

また、破損の為再購入しようとした図書が絶版となっており、諦めかけていたが、児童書コーナーにて偶然発見されたとの事です。

 *************************************

京都古書研究会では

発足当時よりの「子供の頃から本好きに」という願いをこめて、

児童本コーナーを設けております。

昨今、子供の活字離れと言われております。

子供の頃から本に親しんでいただきたいと思っており、

その活動の一環として行っております。

さて、「秋の古本まつり」」では、恒例のチャリティーオークションが行われます。

当会では、ここでの売り上げを児童図書購入資金寄贈に充てております。

皆様の御協力をお願い致します。

posted by 京都古書研究会 at 13:56| 京都 ☁| 児童図書購入基金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

児童図書寄贈・その後1

image1.jpeg
先日開催致しました、下鴨納涼古本まつりにて、今年も児童図書を寄贈致しました。

寄贈先様より、現在の活用風景をお知らせいただきましたので、ご紹介させていただきます。

(養正小学校様)様 からのメッセージです。


下鴨納涼古本まつりでいただいた児童書を学級文庫に置きました。早速子どもたちが手に取り,夢中で読んでいます。1年生の教室では,本を数人で囲んで一緒に楽しむ姿も見られました。子どもたちが豊かな本に出会える貴重な機会をありがとうございました。

 *************************************

京都古書研究会では

発足当時よりの「子供の頃から本好きに」という願いをこめて、

児童本コーナーを設けております。

昨今、子供の活字離れと言われております。

子供の頃から本に親しんでいただきたいと思っており、

その活動の一環として行っております。

さて、「秋の古本まつり」」では、恒例のチャリティーオークションが行われます。

当会では、ここでの売り上げを児童図書購入資金寄贈に充てております。

皆様の御協力をお願い致します。

posted by 京都古書研究会 at 13:52| 京都 ☁| 児童図書購入基金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする